前へ
次へ

子育てなどの支援を受けられる産休の制度

小さな子供を育てるのは負担が大きいですが、便利な制度を使えば安心して出産などができます。産休のサービ

more

産休期間中にできる事とスキルアップ

産休期間中にできることを考えて取り組むと、仕事を休んでいる期間に不安な気持ちになってしまう方も安心感

more

産休にあたって職場の人に贈りたいギフト

これから産休にはいるという時期に、そのまま産休に入ってしまうことも可能ではありますが、なにかちょっと

more

産休の仕組みをしっかりと理解して安心して出産を

妊娠が分かった時に、仕事をしている女性は真っ先に仕事のことを考えられるのではないかと思います。出産した後も、子育てをしながら仕事をしたいというような場合には、産休の制度を利用されることが大切です。産休は出産の前後に母子である女性の体を守りながらも、産後の収入源を確保することができる仕組みとなっています。そのため、産後に仕事復帰を望む場合には、出産の予定日が分かった時点で勤務している会社に報告を行い、産休請求を行なう必要があります。産休は母子の安全を考えて余裕を持った期間を与えられています。通常、出産の前であれば6週間前から産休に入ることが可能ですが、これは6週間前から必ずしも休業を得なくてはならないということではなく、請求する人が出産予定日ギリギリまで働きたいという要望がある場合には、勤務することが可能です。これは、はじめての出産であっても基本は6週間からとなっているため個人の要望で7週目から休業に入りたいなどは通りません。ただし、妊娠している子どもが双子以上の場合においては、特例として14週間前から休業を認められています。産後については、出産した次の日から計算して8週間は就業できない決まりとなっています。この場合、もしも出産予定日をすぎて出産した場合はどうなるのかと悩まれるかもしれませんが、産後は実際に出産した日からのカウントになりますので、20日が出産予定日だったものの、25日に産まれたという場合には、26日から8週間は休業することが認められています。ただし、産前は本人の意志によって出産のギリギリまで就業することが認められていたものの、産後の場合には本人に働く意思があったとしても、8週間は就業をしてはいけません。そのため、職場に出てきて欲しいと言われても、拒絶することが可能です。ただし、6週目からは医師の判断によって、仕事復帰可能だと認められた場合には本人が復帰したいと望んだ場合には復帰が可能になっています。産休の仕組みを理解しておくことで、安心して出産ができます。

質の高い歯科治療を低価格で
今まで高いと諦めていた自費診療の部分をできるだけ抑えてご提供しています

あなたの歯のように噛むために
インプラント治療考えてみてはいかがでしょうか?

誰かと一緒だからしっかり学べるADO
歯学部の課題に特化した個別指導塾です

歯学部での留年対策はADOで決まり
スタッフ全員が歯科医師だから確かな授業が受けられます

意外と身近なおしりの異変
そのままにせず千葉市のみつわ台総合病院にご相談ください

Page Top